乾燥肌に合う化粧品が登場|自信の持てる肌に

ウーマン

美容液と注意事項

クリーム

美容液

敏感肌を改善させるスキンケアには美容液を使用することが重要です。美容液には化粧下地効果があります。紫外線による強い刺激を防止することができますので、敏感肌の予防や改善にも効果があります。しかも、肌のメイクののりも良くしてくれる副次的効果も期待することができます。美容液を選ぶときにはノンケミカル成分のものを選ぶと肌に負担がかかりません。石鹸で簡単に落とすこともできます。さらに、保湿成分が入っている美容液を使うと角質層の水分を保持して蒸発することを防止してくれます。最も効き目が高い保湿成分はヒト型セラミドです。成分表でセラミドの後ろに「2」「3」「6」「10」の数字が記載されているものがヒト型セラミドです。

注意事項

敏感肌の人が避けるべき美容液はアルコール系成分や香料が入っていないものです。また、いろいろな種類の化粧品を使用しないことも重要です。多くの化粧品を使用すると肌質に合わない成分が直面することがありますので、必要以上に化粧品を使わないようにすることも大切です。他にも、肌に摩擦をかけすぎないことも注意すべきことです。実は敏感肌になったり、症状が進行したりする最も大きな要因は肌への摩擦です。そのため、クレンジングや洗顔するときにはこすりすぎないようにしましょう。こすりすぎると皮脂が奪われて油分が少なくなって乾燥化することがあります。お湯も35℃前後のぬるま湯がおすすめです。それ以上の温度だと皮脂が落ちてしまいます。