乾燥肌に合う化粧品が登場|自信の持てる肌に

ウーマン

美容成分を賢く活用

美容液

適度な濃度を選ぶ

ビタミンc誘導体の化粧水を利用する際、より高い美白効果を得ようと高濃度のものを選んでしまうことがあります。しかし、濃度が高ければ良いというものではなく、濃過ぎる化粧水は肌に刺激を与えます。一般的に使用されているビタミンc誘導体の化粧水は1〜2%であることも多いのですが、3%未満のものはそれほど高い効果は期待できませんので、最低ラインとして3%以上のものを選びます。安全な範囲で高めの濃度というと5%程度になりますが、ここまで高濃度に含まれているものはあまりありません。医療用として用いられる場合にはこれより高い濃度のものも存在しますが、これ以上濃度を上げてもリスクが大きくなるだけですので、上限として5〜6%というラインを知っておくと便利です。

主な効能

ビタミンc誘導体はビタミンcを誘導体化したものです。ビタミンcにも優れた美容効果があるのですが、肌のつけた後の安定性が悪く、浸透率にも問題がありました。それらの問題を解決したものがビタミンc誘導体であり、皮膚内に浸透した後はビタミンcに変化して働きます。主な効能としては、抗酸化や新陳代謝の促進、メラニンの還元と生成の抑制、皮脂分泌量のコントロール等があります。浸透させた後は真皮でコラーゲンの生成を助けますので、シミやシワの改善にも役立ちます。比較的幅広い肌タイプの人が利用できる美容成分ですが、元々酷い乾燥肌だという場合には乾燥が悪化する可能性もあります。ただし、化粧水に含まれている程度の濃度ならそれほどリスクは高くありません。